社内と同じようにNASにアクセスしたい[テレワーク]

社内と同じようにNASにアクセスしたい

リモートワークで社内と同じようにNASをWindows「エクスプローラー」

Mac「Finder」から操作したい。

ブラウザ操作は使いにくいので・・・

[ Windowsエクスプローラーの操作画面 ]

windowsエクスプローラー画面

方法としては、テレワークで接続すれば操作可能です。

 

テレワーク方法

テレワークイメージ

以下の2つ「VPN方式」と「リモートデスクトップ方式」があります。

お客様の環境によりますが、おすすめは「VPN方式」です。

ユーザーライセンスの費用が必要なく、集中管理で柔軟な環境が構築可能です。

VPN方式

自宅、外出先から社内ネットワークに接続します。

接続先は社内ネットワーク

メリット

レガシーな方法なので安定したサービス提供が可能です。

ユーザーが増えても追加料金は発生しません。

ActiveDirectoryユーザをテレワーク用のVPNユーザに連携可能

デメリット

VPNルータなど機器の準備が必要です。

リモートデスクトップ方式

自宅、外出先から社内のパソコンに接続します。

接続先は社内のパソコン

メリット

社内のパソコンを画面転送で操作しますので、いつも利用しているソフトが利用できます。

ソフトウェアの導入なので機器の準備が必要ありません。

デメリット

基本的に月額利用で、ユーザーが増えるとコストが増えていきます。

自宅パソコンを利用する場合、セキュリティ対策に不安があります。

社内のパソコンは常時、電源を入れた状態にしなければなりません。

社内のパソコンが調子悪いと接続できません。

VPN方式

 

VPN方式にベストマッチのFortiGate (フォーティゲート)

fortigate vpnイメージ

FortiGate(フォーティゲート)は、国内UTM市場シェア No.1の製品です。

統合セキュリティを1台で提供できる製品で、セキュリティ脅威から社内ネットワークを守ります。

数人の会社から大企業まで同じ機能の製品がラインナップされています。

FortiGate製品特徴

・テレワーク用のリモートVPN構築も追加費用必要なし利用可能

ActiveDirectoryユーザををテレワーク用のVPNユーザに連携可能

・多拠点通信に低コストでインターネットVPN環境を構築可能

・操作が簡単な管理画面

Webブラウザより、日本語で操作が可能で使いやすいインターフェイス

・高いパフォーマンス

FortiASICと呼ばれる独自開発の専用プロセッサが搭載されています

・複数のセキュリティを1つのアプライアンスに統合

Firewall、VPN、およびトラフィック制御
IPS (不正侵入防御)
アンチウィルス、アンチスパイウェア、アンチマルウェア
アプリケーション制御
Webフィルタリング
アンチスパム
WAN最適化およびWebキャッシュ
SSLインスペクション
レイヤ 2/3 ルーティング
IPv6サポート
VoIPサポート

FortiGate (フォーティゲート)の価格

Fortigate 60F の価格と保守について

https://www.atc.jp/fortigate-60f-price/

Fortigate 100F の価格と保守について

https://www.atc.jp/fortigate-100f-price/

Fortigate 200E / 201E の価格と保守について

https://www.atc.jp/fortigate-200e-201e-price/

FortiGate がサポートする同時VPN ユーザー数

メーカーが提示している推奨最大値です。
環境、利用状況によって異なります。

モデル 同時SSL VPN ユーザー 同時IPsec VPN ユーザー
60F 200 16,000
100F 500 16,000
200E 500 10,000
300E 5,000 50,000
500E 10,000 50,000
600E 10,000 50,000

Fortigateのセキュリティ対策

通信は暗号化

IPSec、SSLで通信は暗号化されています。

多要素認証

FortiTokenおよび FortiAuthenticatorは、リモート環境のユーザーに対する二要素認証を可能にします。

二要素認証にはパスワードとカードのワンタイムパスワードなど、異なる認証方式で2段階に認証します。

・データ漏えい対策(DLP

FortiGateは、リモート環境の従業員向けにDLP機能を提供します。

この機能は、企業の重要な機密データにリモート環境から頻繁にアクセスする場合に必要で、機密データの情報漏洩対策を実現します。

高度な脅威保護

FortiSandboxは、マルウェアや不審なコンテンツが宛先に到達する前にサンドボックス環境で分析します。

Fortigateのテレワーク導入事例

・コンサルティング会社 10ユーザ Fortigate-60F

・倉庫業 360ユーザ Fortigate-600E

・ソフト開発 250ユーザ Fortigate-200E

・食品関連 40ユーザ  Fortigate-60E

・医療関連 90ユーザ  Fortigate-100F

他60社以上

 

まとめ

リモートワークで社内と同じようにNASをWindows「エクスプローラー」

Mac「Finder」から操作したい場合は、VPN方式のFortiGateを設置するのがおすすめです。

リーズナブルな価格帯のモデルでテストしてから導入する方法もご提案できますので

お気軽にご相談下さい。

お問合せは こちら からお願いします。