RAID F1の機能紹介

RAID F1

ストレージのRAIDに「F1」という構成が存在することをご存じでしょうか。
RAIDについての知識を持っている人でも聞いたことがないと思います。私も聞いたことがありませんでした。
なんか速そう、みたいな感想でした。(※実際は速さに関係はありません。)

RAID F1はSynology独自のRAIDで、SynologyのNASで構築することができます。
(※未対応の機種もあるので公式の製品ページの「ソフトウェアの仕様 対応するRAIDタイプ」を確認ください。)

 

RAID F1とは何なのか

RAID F1について先にまとめます。

RAID F1とはRAID 5をベースにした構成で、最小構成はSSD3本。
そのためSSD1台の故障までならRAID内のデータを保持することができます。

SSDの特性を考慮したRAID構成
SSDには「書込みの寿命」がある為、同時に寿命が尽きる可能性がとても高くなります。
そこで上記の特性に対抗する為、RAID F1の登場です。

 推測になりますが(SSD3本をRAID 5構成にしたら)
  SSDの1本目が故障、3時間後にSSDの2本目が故障、さらに5時間後にはSSD3本目が故障
  こんな悪夢があるかもしれません。
  まして休日中に3本の寿命が尽きたら、即システムダウンです。

RAID F1はSSD専用です。HDDでも設定はできますが意味がありません。

以降は仕組みのお話。

 

RAID F1とRAID 5の違い

RAID 5と違う点は各SSDの消耗の差です。

RAID F1では複数入っているディスクのうち、特定のディスクの書き込み量を増やすことで他のディスクより消耗を加速させます。
(他のディスクの書き込み量を肩代わりするイメージです。)

消耗をわざと加速させるなんてデメリットのように思えますが、これが同時に書き込み回数の上限に達するのを防いでくれます。

SSDは仕組み上、書き込み回数に上限が存在します。上限に達するといつ壊れてもおかしくない状態となります。

RAID5で使い始めた場合、各SSDが同時期に書き込み回数の上限に達し、複数のSSDが同時に壊れてしまう可能性が高いのです。

RAID F1の場合は特定のSSDの書き込み量を増やすことで同時期に書き込み回数の上限に達することが無くなるため、複数のSSDが同時に壊れてしまう可能性が低くなります。

つまり、SSDが同時に壊れるのを防ぐことでデータが失われる可能性を低くすることができます。

もちろん他のディスクへの負担はその分軽減されるのでディスクの交換本数が増えるわけではありません。

 

● SSDの寿命

SSDの寿命はSynologyNASのコンソールで確認できます。
[ストレージマネージャー]-[HDD/SSD]-[健康状態]

社内のNASを例に挙げます。運用開始して半年ですがSSDの寿命は100%でまだまだ減っておりません。

この寿命が1%になるとSSDが限界を迎え壊れてしまいます。

社内NASはRAID F1で構成しているのでのSSDの寿命に変化が出たら改めて記事にしたいですね。

 

● 最後に

SSDには決められた限界が存在するので、その時期をずらすことができるRAID F1はSSDで構成するうえでは無くてはならない存在だと思います。

また副産物ではないですが、SSDで構成するのでアクセスの速度も上がり一石二鳥な構成です。

RAID F1、良いですよ!